ソフトム通信 第23号

2018.8.6 配信

熱中症の患者数が過去最高になったり、希な経路をたどる台風が来たりと
異常気象の日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、皆様もご存知のとおり、
2019年10月から施行される軽減税率制度をテーマにお話致します。

国税庁からの発表によると、軽減税率の対象は、
「飲食料品とは、食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。)をいい、
一定の一体資産を含みます。
外食やケータリング等は、軽減税率の対象品目には含まれません。」
とされています。

そして、
外食とは、
「飲食店営業等、食事の提供を行う事業者が、
テーブル・椅子等の飲食に用いられる設備がある場所において、
飲食料品を飲食させる役務の提供」、

ケータリング等とは、
「相手方が指定した場所において行う役務を伴う
飲食料品の提供」
とされています。

■軽減税率制度とは(リーフレット)-国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/05.pdf
■よくわかる消費税軽減税率制度-国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/0018006-112.pdf

外食やケータリングを事業とする給食業界において、
軽減税率の影響は売上品目と仕入品目の両方にあります。

売上関係への影響の中には、
直営側と委託側の違いや、
給食業務とは別な事業として、食品製造・食品卸・配達弁当などを
行っている会社様の場合、解釈によって個別事例がいくつかあるようです。

■消費税の軽減税率制度に関するQ&A-国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/02.htm

例えば、出先で盛り付けするケータリングは「役務」に該当し
軽減税率対象ではありませんが、
味噌汁付き弁当配達で配達先で味噌汁を取り分けることは、
販売に必要な行為ということで味噌汁付き弁当全体としては
軽減税率対象となるなど。

今後、各種協会からも具体的な案内が出てくると思いますが、
準備に関して国税庁から下記案内が出ています。

■準備に関して-国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/06.pdf

今回のソフトム通信では、簡単に、しかも売上関係に関してだけ触れましたが、
今後も、新たな情報や仕入関係についての情報もご提供してまいります。

なお、下記弊社システムにおいても、軽減税率への対応方法を検討してまいり
ますので、併せて情報提供いたします。

・給食管理システム「ソフトメリット.NET」はこちら
http://www.softom.co.jp/product/softmerit/

・給食管理WEBアプローチシステム「ソフトメリットスパイダー」はこちら
http://www.softom.co.jp/product/softmeritspider/

・勤務表自動作成システム「勤務メリット(給食専用版)」
http://www.softom.co.jp/product/kinmumerit/

・販売管理システム「ランチエクスプレス」はこちら
http://www.softom.co.jp/product/lunchexpress/