ソフトム通信 第25号

平成30年北海道胆振東部地震により被害を受けられました皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。
2018.9.19配信

いつも大変お世話になっております。
今回は”BCP(事業継続計画)”をテーマにお話いたします。

BCPについては、内閣府より以下の通り発表されています。
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kigyou/keizoku/hajimete.html

-------------------------------------
事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)

企業は、災害や事故で被害を受けても、取引先等の利害関係者から、
重要な業務が中断しないこと、中断しても可能な限り短い期間で
再開することが望まれています。

また事業継続は企業自らにとっても、重要業務中断に伴う顧客の他社への流出、
マーケットシェアの低下、企業評価の低下などから企業を守る経営レベルの
戦略的課題と位置づけられます。

この事業継続を追求する計画を「事業継続計画(BCP)」と呼び、
内容としてはバックアップのシステムやオフィスの確保、即応した要員の確保、 迅速な安否確認などが典型です。
それらは事業内容や企業規模に応じた取組みでよく、多額の出費を伴わずとも
一定の対応は可能なことから、全ての企業に即応した取組みが望まれています。

給食運営においてもBCP対策は欠かせません。

食材や水の備蓄はもちろんのこと、
災害時マニュアルを作成されている方も多いと思われます。

・初動時の役割分担、指示系統の明確化
・ライフライン(電気・ガス・水道)が遮断された場合の食事提供手段
・食中毒や感染症等の二次被害拡大の防止対策
・食品業者や近隣施設、地域との連携 等

作成したマニュアルに基づき、災害を想定した訓練を実施し、
より具体的な対応方法を検討していくことが重要です。
シュミレーションした結果をマニュアルへ反映し、共有する事で、
いつ訪れるかわからない災害へ備えることができます。

■災害マニュアル
各都道府県や日本栄養士会等から公表されております。
ご参考ください。

・宮城県
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kensui/kyushoku-checklist.html

・日本栄養士会
避難生活向けリーフレット、災害時の栄養・食生活支援マニュアル
https://www.dietitian.or.jp/news/information/2016/i15.html

■BCP対策

・中小企業庁
http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/contents/level_a/bcpgl_01_1.html

誰もが遭遇しうる災害への「備え」が
自分自身を、家族を、企業を守ることに繋がります。
多くの自然災害が発生している昨今、
改めて見直すべき時に来ているのではないでしょうか。

・給食管理システム「ソフトメリット.NET」はこちら
http://www.softom.co.jp/product/softmerit/

・給食管理WEBアプローチシステム「ソフトメリットスパイダー」はこちら
http://www.softom.co.jp/product/softmeritspider/

・勤務表自動作成システム「勤務メリット(給食専用版)」
http://www.softom.co.jp/product/kinmumerit/

・販売管理システム「ランチエクスプレス」はこちら
http://www.softom.co.jp/product/lunchexpress/