謹んで新春のご祝詞を申し上げます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り、心から御礼を申し上げます。

昨年を思い返しますと、改元・消費税増税・ラグビーワールドカップ開催など、
多忙な一年でした。令和2年の今年は何といっても
東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。
直接関係するお客様もあり、7月の開会に向けて大いに盛り上がりが期待されます。

本年の当社の取り組みといたしましては、先月発行したCSR私募債の一部を、
発行銀行様を通じてSDGs推進団体であるユニセフに寄付することにしました。
加えて、当社のソリューションにより、お客様の業務の効率化や
廃棄ロスの削減・健康経営への支援等、
SDGs推進に貢献できるよう努めてまいります。

また、2月18日から4日間、幕張メッセで毎年恒例の「フードケータリングショー」が開催されます。
当社も毎年参加してお客様へのご提案の場とさせていただいております。
今年の目玉は、ご愛顧いただいております「ソフトメリット」の後継版
「メニューデザイナーNEXT」と、
社員食堂向け“画像AIレジ”「メニューバンク」を中心に展示いたします。

是非ともご来場賜りたいと存じます。

当社は、今年創業36年目を迎えますが、蓄積された長年の経験に新しい技術や業務ノウハウも加えて、
給食に関する“トータルソリューションベンダー”を目指し、お客様へのサービス向上に取り組んでまいります。

本年も宜しくお願い申し上げます。

令和2(2020)年 元旦

ソフトム株式会社代表取締役   山科 俊治