ソフトム通信 第42号

2019.9.10配信

いつも大変お世話になっております。

今回は
当社の新製品「社員食堂向け画像AIレジシステム『メニューバンク』」の
ご紹介です。

こちらのメニューバンクは、
元々お客様のニーズである
「AIを利用した先進性のあるシステムでサービスの差別化を図りたい」
「販売した料理を自動で集計したい」
という声を基に開発に着手しました。

構想から1年半という短期間で製品化を実現できたのも
各得意分野を持ち合わせた協力会社のおかげでもあります。

先日、お客様のご協力もあり、実際の社員食堂で検証いたしまして、
料理の検出率は99%以上でした(提供された料理数は30品)。
当日の画像学習も営業開始前にスムーズに完了でき、
シンプルで高性能な精算システムとご評価いただきました。

販売した料理を正確に集計できることは、
今後のメニュー戦略や食品ロス管理に直結いたします。

AIレジシステム『メニューバンク』の主な特徴は
①導入コストと作業時間の短縮
②先進AIの活用
③データ活用による健康経営の推進
です。

詳しくは、メニューバンクのページをご参照いただけたらと思います。
https://www.softom.co.jp/product/menubank/

もちろん、給食システム「ソフトメリット.NET」から
日々の献立や栄養価、料理価格を連動することができ、
日々のレジ立上げ準備時間を大幅に軽減するなど、
シナジーを活かしたご提案もしております。

ぜひ、ご興味がございましたら、
当社セミナールーム(本社と住所同じ)にお越しいただくか、
出張デモもご相談の上、実施させていただきます。

また、最新のメニューバンク情報につきましては
当社ホームページなどでご紹介いたします。

今後とも鋭意、お客様の声に応えて参りたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

ソフトム通信では様々なテーマの情報をご紹介してまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。