ソフトム通信 第52号 日本食品標準成分表の改定

2020.8.31配信

いつも大変お世話になっております。
今回は「日本食品標準成分表の改定」について
お話いたします。

2020年末に文部科学省より
「日本食品標準成分表 2020 年版(八訂)(仮称)」が公表予定です。

今回の改定では、5年に1度の大幅改定であり、
栄養士、管理栄養士の皆様にとって「見逃せない重要情報」かと思います。

今回の改訂では、
主に「エネルギーの算出方法」の変更により、
エネルギー値も変わるため、情報の早い皆様も
注視されていることと思います。

食品成分分析法は近年の分析技術の進展、エネルギー産生成分の値の改定により
たんぱく質、脂質、炭水化物からエネルギー値を「真値」に近づける
取り組みであるとされています。

エネルギー値を「より正しい数値」に近づけることができたということです。

ただ、算出方法変更により、同じメニューの栄養計算結果が
七訂成分表と八訂成分表では数値が異なります。
献立作成や栄養指導など、栄養士様の実務にも影響があることから
注視されていることと思います。

もう少し詳しく説明すると、
いままでのATWATER係数(アトウォーター)による算出から
「組織成分ごとの換算数」に変更になりました。

例えば、
一口に「炭水化物」といっても消化性に違いがあり、
よく燃えるぶどう糖>糖アルコール>あまり燃えない食物繊維、
すべてを1g4kcalで計算していたため真値より値が大きくなっていました。
八訂では「エネルギー産生成分ごと」に一定の係数をかけることとしました。

試算の結果、文部科学省で七訂成分表と八訂成分表で比較したところ、
100g当たりのエネルギー値が全体で約-12kcalと全体的に低くなりました。
最もマイナス側に乖離した食品は茶葉で-114kcal、
最もプラス側に乖離した食品はココアで+115kcalでした。
(資料2-1 P.6 試算結果 参照)

使用頻度の高い食品としては、
H26年国民健康栄養調査の摂取量より試算の結果、
1人1日当たりの摂取量ベースの乖離上位は次の通りでした。

めし   :-36.0kcal/日・人(現行の人日量:470.2kcal)
鶏卵   :-9.7kcal日・人(現行の人日量:48.4kcal)
じゃがいも:-5.1kcal日・人(現行の人日量:23.3kcal)
普通牛乳 :-4.0kcal日・人(現行の人日量:44.8kcal)
(資料2-1 P.8表 参照)

八訂成分表を使用すると実際に近い値を算出できる反面、
これまでの成分表で算出したエネルギー値と比較する際に
留意が必要とのことです。
(2020年全国栄養士大会 講義より)

八訂成分表ではこの他にも変更が見込まれております。
ソフトムに新しい情報が入りましたら、随時配信してまいりますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

詳細は下記をご参照下さい。

・日本食品標準成分表のエネルギー値の算出方法を変更します(文部科学省)
https://www.jsnfs.or.jp/wp-content/uploads/file/news/news_20200511_jsnfs.pdf

・文科省HP 第十期食品成分委員会(第18回) 配付資料
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/011/shiryo/1422931.htm

・資料2-1 組成に基づく成分値を基礎としたエネルギー値の算出について(案)
https://www.mext.go.jp/content/1422931_003_1422931_03.pdf

ソフトム通信では様々なテーマの情報をご紹介してまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。