栄養士養成校での導入事例

栄養士・管理栄養士を養成する大学の授業で「ソフトメリット.NET」を
ご活用いただいております。

今回は昭和女子大学様(https://univ.swu.ac.jp/)健康デザイン学科で教鞭をとられている不破眞佐子准教授にお話を伺いました。

生活科学部 健康デザイン学科 不破 眞佐子 准教授

 

導入の目的をお聞かせください

平成13年に栄養士養成施設指導要領が改正され、その基準事項に「栄養評価及び情報処理のためのコンピュータ」が追加され、「本物(給食現場で活用されているシステム)を学生に知ってもらい学ばせたい」という本校の意向に一致したソフトムのシステムを導入しました。

導入してどのような効果を感じられましたでしょうか

養成校として献立作成や発注業務を手作業で行うことを教育することは重要ですが、これをシステムで行わせ、省力化を学ばせることも重要です。「ソフトメリット.NET」はプロの栄養士が利用しているシステムですので、作業効率も大変よく、利用した学生の視野(気づき)が広がっていることを実感します。学生に個別IDを割り当て、自由に活用できる点もよかったです。

授業ではどのように利用していますか

給食実務論実習で「ソフトメリット.NET」を活用しています。授業では決まったテーマを基に学生ごと献立作成を行います。栄養価、予算原価、全体のバランス、前後の食事などが意識できる画面設計になっており、便利さを体感しています。
また、授業以外でも学生には「ソフトメリット.NET」の利用を開放しており、校外実習や商品化を検討するプロジェクト等で自主的な活用も見え感心しています。

ソフトムに今後期待することをお聞かせください

栄養士・管理栄養士養成校は、栄養士の基礎固めを行う施設だと考えております。実際にシステムが活用されている給食現場とは異なる活用方法ですが、本校の授業に合わせた活用方法を支援いただき大変感謝しております。
今後発売される新システムの「メニューデザイナーNEXT」にも期待しています。
また、企業様の求める栄養士像や給食業界の情報をいただくこともでき、引き続き良きパートナーとしてお付き合いをお願いいたします。