POSレジや券売機の更新をご検討されているお客様に合わせた
新時代の画像AIレジシステム

 社員食堂の多様化に伴い、提供される料理のバリエーションも増え、バラエティーに富んだ食事を楽しめるようになりました。
 一方で食事精算においては、日々変わるメニューに対して、レジ担当者の負担増加、省力化、人材不足の解消が課題になっています。

 そこでソフトムは料理を「画像」で認識する社員食堂向け画像AIレジ「メニューバンク®」を新たに開発いたしました。

 AIが料理を判定することで、レジ打ち業務を削減し、無人での精算を可能にしました。
 また栄養価の表示はもちろんのこと、健康経営やスマートミールへの対応も可能にしました。
 ※メニューバンク®は令和元年の東京都文京区新製品・新技術開発補助事業に採択されました。

簡単設定ですぐに利用可能

 稼働までの準備は非常にスムーズです。

①提供するメニューの登録
(ソフトムの給食管理システムからデータ連携可能)
②当日提供する料理の画像撮影(AIに画像を学習)
 1料理当たり1~数枚でOK
③認識確認
 これで準備完了!

 ソフトムの給食管理システム『メニューデザイナーNEXT』や『ソフトメリット.NET』とデータ連携を行うことで、提供日ごとの料理、売価、栄養価のデータが活用できます。
 栄養価を表示することで食堂利用者様への満足度が向上します。

既存の食堂設備が利用可能

 メニューバンク®本体を既存のレジ設置台にそのまま置いて利用が可能です。
 また料理に合わせたお好みの食器が利用できます。
 そのため、オートレジのようにICタグ専用食器への買い替えは不要となります。

 トレーをスライドさせて、レジに乗せることができる専用架台のご提案も可能です。

専用架台の例

メニューバンク®のAIについて

 メニューバンク®に搭載するAIは「料理判定に特化したAI」となっております。
 機械学習で料理の特徴を学習するので、料理を正確に判定します。
 これにより数枚の料理画像の学習でほぼ100%の判定精度を実現いたしました。
(実際の社員食堂で実証済です)

 またこのAIはクラウド上にあるため、お客様にシステム運用の負担をおかけいたしません。

多様な精算方法対応

 精算方式は、下記の通りです。

  • 社員証による給与天引き(標準)
  • 自動現金釣銭機 ※
  • 電子マネー(交通系ICや流通系IC) ※
  • クレジットカード ※

※自動現金釣銭機はオプション、電子マネーやクレジットカードはJmups端末(Lane5000)でのオプションとなります

健康経営、スマートミールの推進

 メニューバンク®の導入により、喫食データを効果的に活用することが可能になります。
 食堂運営においては、売れ筋メニューの把握や売残りの削減につながります。

 社員証決済の場合は、社員ごとの喫食データ(料理取得と栄養価)を健康指導時に活用するなど、健康経営の取り組み強化による企業価値向上が期待できます。
 社員証を活用したWEB健康管理システムとの連携も可能です。

 また、料理の組み合わせを登録することによりスマートミール判定に活かすなど、料理単位での販売促進につなげることが出来ます。

ソフトムの給食管理システムとの連携

 ソフトムの給食管理システムと連動することで、メニュー管理だけでなく、栄養管理、食材管理、発注管理とトータルな給食業務管理が可能となります。

メニューバンク®紹介動画

メニューバンク®の推奨条件

  • 食前清算が可能であること
  • 時間当たりの清算数が100~600食であること
  • 現在POSレジや券売機を利用しており買い替えを検討中のお客様

    お問い合わせは以下より承ります

     下記のフォームでお問い合わせいただきますと、ご入力いただいたメールアドレス宛にソフトムの営業担当から送付資料等についてのご案内をいたします。